ルートロトーニングによる肝斑・炎症後色素沈着治療

【ルートロトーニングとは】

肝斑は両頬に左右対称にみられる褐色斑です。原因はメラニンを作る細胞が摩擦や女性ホルモン等により、過剰に活性化してメラニンを多量に産生することにより生じます。
また、炎症後の色素沈着は慢性湿疹、熱傷、外傷等により刺激されたメラニン産生細胞により生じる色素沈着です。

これまで肝斑や色素沈着はレーザーやフォトフェイシャルはメラニン産生細胞を刺激してメラニンがさらに増え、増悪することが多く、禁忌とされていましたが、スペクトラ®では、極めて短いパルス幅とプロビームファイルのレーザーであり、色素沈着や肝斑の原因のメラニン産生細胞を極力刺激せずに照射でき、肝斑の原因のメラニンのみを破壊します。
刺激を加えすぎないよう出力を抑え、治療の回数を重ねることで徐々にホワイトニングが進んでいきます。2週間ごとに、10回程度行うと効果的です。ダウンタイムもほとんどなく、直後からメイクが可能です。

多くの場合、肝斑、色素沈着を除去することが期待できますが、効果が出始めるまでには個人差があります。

ルートロトーニング治療過程・経過

  • 最適な効果を出すには2週間おきに1コース、10回程度の照射が望ましいです。
  • 1コース終了後、効果への満足度に関わらず、繰り返し治療を続けることで、さらに美白効果は増して肝斑肌を改善できます。また肌自体は根本的に美白肌を構築しながら若返らせます。
  • 照射後は、紫外線を避けて保湿をこまめに行ってください。
  • 照射後にLEDヒーライトを行うとより効果的です。
  • まれに照射後にかゆみやニキビ様の症状がでることがありますが、保湿をして様子を見ていただければ 自然と改善します。
  • ホームケアの際に、またメイクの際に、肝斑・色素沈着部位を擦ったり外部から刺激を与えたりしないように、肌への負担を優しく炎症を招かないように徹底してください。
  • 長時間の外出により日焼けをすると、肝斑・色素沈着は一気に悪化することがあります。その際は治療を中断したりして、日焼けが落ち着いてからトーニング治療を再開することになります。
  • その他、ストレスなどの原因でトーニング治療コース終了後に、再び肝斑が目立つことになった場合、再度トーニング治療を受診することをお勧めします。

ルートロトーニング (肝斑) 価格

初回 \8,580
(\7,800 税抜)
2回目以降 \14,080
(\12,800 税抜)
5回セット \60,500
(\11,000/回×5回 税抜)
10回セット \104,500
(\9,500/回×10回 税抜)
タグ: |