医療用LEDヒーライトII

医療用LEDヒーライトIIは、最初の1分間に590nm波長のエネルギーを照射します。

この波長は表皮細胞や毛細血管への働きにより血流の変化を促します。連続して10分かけて830nm波長を連続照射することで、真皮のマクロファージ細胞などを活性化させ、真皮内のメラニン排出を促します。

美肌効果やくすみがとれお顔全体の印象が明るくなります。長期的には繊維芽細胞を刺激して、皮膚のコラーゲンを増やしていきます。

コラーゲン・エラスチン増産や筋肉層への働きかけにより、肌の張りがでるようになります。また、真皮のリンパや血流・代謝促進、ニキビの毛穴の殺菌や皮脂腺にも働きかけるため、ニキビでお悩みの方にも効果が期待できます。直後は肌のキメ・ツヤ、引き締めが実感できる方が多いです。

ダウンタイムはなく、お手軽に美肌になりたい方にはおすすめの施術です。

創傷治癒も促し、帯状疱疹後や手術後瘢痕、火傷などの治癒促進やレーザー後のダウンタイム短縮にもなります。
腰痛・肩凝り・膝痛、男女問わず薄毛の方ですと、毛母細胞の活性化により育毛や抜け毛でお悩みの方にも適しております。主なリスクはまれに火照りがでることがありますが、自然軽快することがほとんどです。

  • 血流・リンパ促進 → スキンタイトニング・むくみ改善
  • 眼瞼周りの血流・リンパ促進 → 小ジワ・たるみ・クマの改善
  • Qスイッチレーザー、スペクトラピール、ルートロトーニング、ルートロピール、デュアルピールや炭酸ガスレーザー治療との併用 →治癒促進、ダウンタイム縮小、美肌促進
  • 真皮内マクロファージ細胞の活性化しメラニン貪食 → 美白
  • コラーゲン・エラスチン増産 → タルミ改善
  • 色素沈着、手術後瘢痕 → 創傷治癒促進
  • 毛母細胞活性・頭皮全体の血流促進・毛周期の正常化 → 育毛・薄毛治療

ヒーライト治療料金


  • 関連ページ:ニキビ(にきび)
  • 関連ページ:火傷(ヤケド)
  • 関連ページ:薄毛・抜け毛
  • 火傷(ヤケド)

    火傷(ヤケド)

    火傷(ヤケド)は医学的には熱傷とよばれ、熱による皮膚や粘膜の損傷をいいます。

    高い温度の液体や、固体に皮膚が一定時間以上接することでおこります。
    したがって、接触したものの温度と、接触した時間で火傷(ヤケド)の深さが決まります。

    ■Ⅰ度熱傷(表皮熱傷)
    ■浅達性Ⅱ度熱傷(SDB)
    ■深達性Ⅱ度熱傷(DDB)
    ■Ⅲ度熱傷(皮下熱傷)

    火傷(ヤケド)ではほかの外傷と異なり、 出血したりすることはないのですが、火傷(ヤケド)した部位に直後から赤み(発赤・紅斑)や腫れ(腫脹)が現われます。

    浅い火傷(ヤケド)は赤くなるだけですが、 深い火傷(ヤケド)では腫れやみずぶくれ(水疱)が1~2日進行します。
    また、深い火傷(ヤケド)や広範囲の火傷(ヤケド)では、創傷の治療に加えて熱傷によるショックを治療するために 点滴などの全身治療が必要になります。

    火傷(ヤケド)の応急処置

    できるだけ早く、水道水などの清潔な流水で十分に冷やします。 痛みが軽くなるだけではなく、火傷(ヤケド)が悪化することを防ぐこともできます。

    衣服を着ている部分にやけどを負った場合は、衣服を着たまま流水で冷やします。

    広い範囲にやけどをした場合の冷却は、体全体が冷えてしまう可能性があるので、冷却は10分以内にとどめます。
    15分ほど冷やしたら速やかに医師の診察を受けてください。自己判断の治療(ジャガイモ、アロエなど)は以後の治療の妨げになるので避けましょう。

    火傷(ヤケド)の治療

    I度と浅達性II度熱傷(SDB)は傷跡をのこすことは少ないのですが、火傷(ヤケド)の深さや状況に応じて治療が異なってきますので受診をおすすめします。

    必要に応じ、外用薬、内服薬が処方されます。