帯状疱疹ワクチン

50歳以上から増加してくる帯状疱疹は重症化すると帯状疱疹後神経痛といって、治癒後も痛みが残存したり、顔面に生じた場合は後遺症として顔面神経麻痺や、眼障害、内耳神経障害等を生じることがあります。
近年発症を予防する帯状疱疹ワクチンの接種が、特に50歳以上の方に推奨されてきています。

帯状疱疹ワクチンには、2種類あり、
①不活化ワクチン(シングリックス®)
②生ワクチン
があります。

2種類を比較した表を以下に示します。
当院ではどちらも接種可能です。診察にて適応を確認し、接種日の予約をお取りします。

帯状危疹子防
(シングリックス)
帯状危疹子防
(水痘)
ワクチンの種類 不活化ワクチン 生ワクチン
接種回数 2回(2カ月後に2回目)
遅くとも6カ月後までに接種
1回
子防効果 90%以上 50~60%
持続期間 18年以上 5年程度
副反応 接種部位の痛み
腫れ、発赤 3日~1週間で消失
接種部位の痛み
腫れ、発赤 3日~1週間で消失
長所
  • ・免疫が低下している方にも接種できる
  • ・子防効果が高い
  • ・持続期間が長い
  • ・1回で済む
  • ・値段が安い
短所 ・痛い
  • ・2回接種が必要
  • ・値段が高い
  • ・免疫が低下している方には接種できない
  • ・持続期間が短い

  • ①不活化ワクチン(シングリックス®)料金

    1回 ¥22,000(¥20,000 税抜)
    2回 ¥44,000(¥40,000 税抜)

    ②生ワクチン料金

    1回 ¥7,700(¥7,000 税抜)

    帯状疱疹に関しては帯状疱疹予防.JP
    https://taijouhoushin-yobou.jp/)を参考にしてください。


  • 関連ページ:帯状疱疹
  • タグ: