男性型脱毛(AGA)

男性型脱毛(AGA)とは

AGAは、男性ホルモン受容体が多く存在する頭頂部や前頭部にみられます。前頭部の髪の生え際がM字型、または頭頂部がO型に薄くなります。

また、AGAでは毛髪の成熟がしっかりと得られないうちに脱毛が起こるため、軟毛と呼ばれる細い毛が全体的に増え、抜け毛の増加や髪全体のボリューム減少につながっていきます。

検査・診断
頭部撮影による所見確認 や拡大鏡のダーモスコピー検査で毛髪の太さなどを確認することでAGAの診断を行います。

毛髪が薄くなっている部分には、太い毛(終毛)と細い毛(軟毛)がまだらに生えています。国際的な診断基準では、薄毛部分に2割以上軟毛があればAGAが疑われます。

治療
日本皮膚科学会のガイドラインでは、内服薬としてフィナステリド、デュタステリド、外用薬としてミノキシジル、外科的治療として自家植毛があります。

当院ではフィナステリドよりも効果が強いとされる、内服薬のデュタステリド、また医療機器として毛根を活性化させる効果のあるヒーライトを採用しています。

医師の診察の上、AGAと診断された方で、適応があると判断した方に処方や施術を行っております。お気軽にご相談ください。

価格

デュタステリド ¥30日分:7,700円(税抜:¥7,000)
タグ: | |